2023-176 ペルソナ5 ザ・ロイヤル

/d/2023

⚠️SPOILER

«ペルソナ5 ザ・ロイヤル» 了 #spoiler pic.twitter.com/eGnK19XGmO

— sumi (@svartaz) June 26, 2023

«ペルソナ5 ザ・ロイヤル» を完了した. 感想を亂雜に列べる. ここで書く事は我が望みであって開發への要求ではない (近頃は讀み手を信賴して要らぬ註釋を省くにも勇氣が必要だ).

UI (と言ふか, 畫面に置かれた情報の統べてと言って良い) の良さは今更語るまでも無い. とにかくどの畫面を開いても滑らかな animation が目を引く. 操作性も惡くなく, 戰鬪は速やかに進めらる. 雨の日の傘樣の畫面遷移が氣に入り. ただ, これだけ勞力を費やしても慣れて飽きて了ふと言ふことが恐ろしい. 總攻擊が飛ばせないことが後半は負荷だった.

音樂. とても良い. 歌有りのBGMをかくも多用して, 疲れないどころか上がりまくるとは. «Rivers in the Desert» が氣に入り.

物語り. 最終の敵は獅童正義なる大衆主義の權化と, それを支持する無氣力な, Jean-Paul Sartre の言ふ自由と言ふ刑から逃げる群衆である. 怪盗團は超自然的な力 (ペルソナ, パレス潛入, …) と築いた人間關係 (coop) に因ってそれを打ち破り群衆を味方につけるわけだが, ここで群衆は餘りにも愚かではないか? 結局群衆は獅童正義と怪盗團の間で揺れ動いて居るだけで, 何も理解しては居ない. ~~刹那的な趨勢に乘るだけである. 怪盗團が姿を消した後で何度も同じ過ちを繰り返さう. この未來が透けて見𛀁, 提供される一時的な應報に滿足しない.~~ ←はclear前に書いたのだが, P5R追加分を遊ぶと草の根民主主義っぽい思想が見𛀁て良かった.

P5R追加要素らしき3學期は良い. 眞實のみが價値を持つし, 人はいつでも遣り直せるべきだと信ずるので.

ここから減點箇所.

game 全體の情報量が多すぎて疲弊する. もっと coop を減らし, 一年の內 飛ばす日が有って良い.

主人公, 坂本竜司, 喜多川祐介に好ましい感情を抱きながら game を進めたし, 開發もそれを意圖せむに (嫌はせる爲の描寫はほぼ無い), 3人が雨に濡れた高巻杏の肉體をじろじろと見る描寫は意味が不明だった. 面白いとか昂奮するとかを想定したのかも知れないが, 實際のところ我が好むcharacterにこんな事をさす開發を少しく嫌ふのみだ.

かなりの數の coop があり, その中でまたかなりの數の戀愛を實行し得るのだが, 男相手の物は一つも無い. この game で出て來る同性愛 (もっと廣く性的少數者と言っても良い) への言及は, 新宿で坂本竜司に言ひ寄る典型的なおねえと, 井の頭公園で小舟に乘る主人公と喜多川祐介が戀人と勘違ひさる事のみであり, どちらも諧謔, 揶揄である. この game の主題は社會に周緣化された人人の連帶であり, gay を出すには申し分無い設定だ (勿論, gay を出すのに必要な設定など無いが). また coop の戀愛要素は, パレスなどに比べれば實裝に大きく勞力が掛かる物ではない (3D animation が無くても良く, 文章で一言有ればこちらは滿足なのだ). gay が居たら嬉しいと言ふ個人の嗜好の話しでも當然あるがそれ以上に, 居ないのが不思議であり, 他の條件が不思議さを惡意の疑ひにまで格上げする. 開發に同性愛への惡意が有る確率は高いが斷言するには至らないので, いつか producer あたりが語ることを期待する.

男も女も食ひ散らかす全性愛者の主人公を見たいし, 竜司と二人で2/14を過ごしたいよ.