CLOSE
/d/

2024-2 才能と努力

東大生や藝大生は, 彼らがその屬性を得た理由を環境の良さに歸着さると怒る, と言ふ議論 (と呼んで良いか怪しいもの) がTwitterには長いこと有る. (この類ひの議論に いつも卷き込まる東大生に同情する.)上野 千鶴子の祝辞 (と それへの反發) も記憶に新たである. Twitterで言へば, 誰でも努力すれば繪を書ける (から書けない人は怠惰である) なんて論も人氣である.

社會的に努力を要すると考へらる任意の屬性に置換してもこの議論は成立する. これは才能 (先天) か努力 (後天) かと言ふ こてこてに古典的な議論の燒き直しである. そろそろ飽きて良いと思ふが. (この主題は未だに哲學的に語る餘地を有するとは想像するが, Twitterの議論がそれに資するか?)

この議論につき我の認識を整理するがこの文章の目的である.

結論を述べると, 運 (才能や環境) は原因で努力はその結果であるから本質的に兩立し, 一方が正解と言ふものにあらず.

人間が生まれて與へらるもの (知能, 報酬系, 運動能力, 生育環境) は己が選ぶものにあらず. 例へば特定の大學への入學なら (大學ばかりが話題に成るのもTwitterの淺さを感ずるが…), 幸運にも

人間がそれを達成する.

(他人に關して何や彼や言ふは氣が引けるから自身を取り上ぐと) 我は まあまあの大學を出て まあまあの企業に入り困りごとの少ない生活を幸運にも送るが, これを自身の功績と感じたことは無い. 我は高校に入るまで高校を卒業せば勞働するものと思って居た (周圍に大学卒業者が無かったから) が, 偶然にも大學の存在を知り得た. 貧しい片親家庭であったが, 偶然にも親が奬學金の取得に協力的で入學料と授業料を工面し得た. また偶然にも受驗勉強をし得る腦 (知能と報酬系) を有した. これらの分岐の全部が薄氷であり, 逆の狀況でもおかしからざった.

自身の努力の結果に これらを得たのではない. これらを得た結果, 努力 (と呼ばる行爲) を せられた. 逆に これらが無かった人⸺親は非協力的で, 知能は高くなく, 貧困し, 大學の存在をも知らない人⸺も, 本人が努力を怠ったからその樣なのではない. 全部は運である. それを本人の責任 (功績) と勘違ひせば恥である.

これを聞いて自身の努力が否定されたと怒る必要も無い. 努力し得ない人, 努力して失敗する人, 努力せず成功する人, 努力して成功する人, 汝がどれであれ等しく運である. 運は努力を否定せず, 内包する. (この考へを何と呼ぶ? 亂擇性を認めるから決定論ではないと思ふが… .)

end of page